このブログ内を検索可能

2024年6月17日月曜日

アニマロッタ8 マジカルマインのシミュレーション(2)

しょしん氏が提供する以下の動画によりルールを修正。

https://www.youtube.com/watch?v=YO7E7RdXzwE

まさかのブロックまとまりが1個で出現する場合もあるらしい。


①基本赤青緑紫の4色のブロックで構成される(3色の場合もある)

②それぞれのブロックの個数に規定はない(多いと20個、少ないと4個など)

③各まとまりのブロックの個数は最小1個、最大6個

⑤オッズアップテーブルは同時に消えたクリスタルの数で決まりまだ確定ではないがほぼ以下の規則に従う可能性が高い

7個 +0.5倍

8個 +1.5倍

9個 +4倍

10個 +4倍

11個 +9倍

12個 +11.5倍

13個 +14倍

n個(n>=14) 5*n-51倍 例えばn=14ならば+19倍、n=21ならば54倍

オッズアップ対象はすでにオッズアップ済の宝箱にも、獲得済みの宝箱にもランダムに付与されるものとする。ここでは例として、2WINの宝箱で9個クリスタルによるオッズアップでは2WIN→2+8WIN=10WINとなり、さらに11個消えて同一個所にオッズアップした場合10WIN+(2*9)WIN=28WINになるとする。動画で書かれていた黄色オッズアップ(10個以上すなわち+4倍以上)でも5倍にならないというのはこのことを言っているのではないかと思われる。ただし確定情報ではないので注意。

上記の仮定を満たせば、各配置のペイアウト率はかなり正確に計算できることになる。ただしオッズアップ位置が不明なので数字入賞と配当が1対1対応するわけではなく理論値は出てこない点に留意。

さてここまで仮定が進めばいよいよプログラミングに取り掛かることができる。

分かりやすいようにまずは各ブロックの状況を視覚化できるプログラムなどから作成していき、このゲームの真の特性を暴こうと思う。





なんばOIOIにあるクレーンコーナー「PALO」

 いつの間にかなんばのOIOIにクレーンゲームコーナーができていた。

そしてどれくらいとれるかと両替をしてスウィートランドをプレイしたり確率機をやってみると…。

まさかのスウィートランドではなん百円使っても何一つつかめず(シャベルの角度がかなり反時計回りにしめられているので滑り落ちる)、しかも手前には反り返った透明のシールド、確率機に至ってはつかむ云々の話ではなくほぼ1mmも持ち上がらない。要するに景品をやさしくなでるのを見つけるゲームである。

700円使ったがあまりのカオスさに笑いすら出てしまうレベルで、即座に退散した。当たり前だがもう二度と行くことはない。

そもそもPALO自体がモーリー系列なのでこういう結果になるのは想像に難くないが…。

それにしてもここまでひどいゲームコーナーはなかなかない。350店舗くらいで景品を取っているがここはあのナムコやGIGOより渋く悪質である。ただし、絶対に取れないというイメージがつかみやすいので無駄な散財は防げる。その点ではある意味いい店舗。

そういえば阿倍野の地下にも同じPALOが最近できたとのことだが、なんばのこの惨状を見て察した。

鳥取のPALOなどはまだちゃんと取れる設定のものがあったのだが…。さすが都会。そのためか土曜日なのに閑散としていた。倉庫系などは東北の田舎でも大盛況で景品を袋いっぱいに持つ人ばかり。逆に景品が取れない方が珍しいのにこの差。

結論: PALOは金を捨てる場所


直近に行ったわくわくアミーゴ尾崎と合わせて、やはり府内で設定の良いゲームセンターはもはや結屋、わくわくアミーゴ尾崎の結屋系列しかない。トップランも取りにくくなったし、アミパラ大東もヨッシーが青天井と信じられない(松山や光明池は定価とほぼ同じ設定だった)。日本橋やなんばのタイトーも渋いが、さすがにナムコやGIGOほどではない。

なおOIOIに行った目的はPCの購入であり、例のアレを行うためのPCは15台から17台へとパワーアップ。同級生の時給4000円や半月19万のアルバイトごときに負けないためにさらなるパワーアップを行っている。




2024年6月16日日曜日

わくわくアミーゴ尾崎とハピピランドピタゴラス和歌山

 それぞれクソガキサラリーマンともっかいちゃんねるが行っていたのでついに行った。

わくわくアミーゴ尾崎はオークワ内にある結屋と関連していると思われるゲームセンター。結屋系列なのでショッピングセンターにありがちなニコパだのモーリーだのソユーとは違い、明らかに取りやすい。個人的なイメージとしては、昔の簡単な時代のベネクスという感じ。倉庫系に比べると少々古びている感がベネクスを彷彿とさせるが、取りやすさでは現在のベネクスよりもよく、倉庫系に匹敵するレベル。フック設定に至っては神ゴリフィギュア金銀が2つ合わせて500円以内に取れるという設定の良さで、確率機のぬいぐるみもパワーが若干保持されるので確率無視しやすい。動画でやはり取れやすいのが強調されていたが、確かに昔のベネクス並みに取れやすかった。ただ難点としてはやはり規模が小さいので景品のラインナップが豊富ではない。その点では倉庫系にどうしても劣ってしまうが…。10000円足らずで大きな袋2ついっぱいになったのは予想外で、まさかの荷物発想を最初からかますという事態に(1階の旅行会社で発送サービスを承っている)なる。もし5種類くらいあるほしい景品があれば候補にここを選ぶのもあり。近くの激渋タイトーGIGOに行くくらいなら往復5000~10000円かけても取れやすい店舗に行くのは我にとっては当たり前の話である。例えばビッグクリアフィギュアが1200円で取れる倉庫系と3600円くらいかかるナムコやタイトー(渋い店舗)では5種類とるのにそれぞれ6000円、18000円となり交通費を入れても遠征する方が得だからである。

よく動画で出ているがまだ行ったことのない店舗として回遊館洲本とお宝発見一宮があり、これらも近日中に行くことが予想される。以前は貯金や小遣い(月数万円)でやりくりしていたが、例のアレのおかげでお小遣いは月x万(金額公表してチクられても困るので伏せておくがおそらく計算が得意でどういう手法でやっているか知っているならある程度把握はできるはず)になったし、遠征頻度と行動範囲が一気に増えた。もはや上位3名が毎年選ばれる年60万の奨学金よりはるかにコスパええわこれ。(惜しくも4位となり60万を逃した我のひそかな恨み。上位3名には絶対この稼ぎ方法は教えない。入学時首席で入ったからといってずっとトップなわけではない。一応上位10%にはほぼ入っているが)

その後はナムコパームシティ和歌山に行きコンテナを1個確保した後(ミルキーのやつで、アミパラ橿原で以前入手したことがある。なおその後だぶるあっぷ氏が動画でだしていたブック245に行った)ハピピランドピタゴラス和歌山に行った。

ハピピランドピタゴラス和歌山は全体的に見てあまり我好みの景品はないが、コストコのような箱設定が多く、動画で出ていたアポロのやつもあったがあれは取れなかった。動画を見たのが行った後なので遅かった模様。手前を狙って3000円沼ったとshortsであったが、まさに我も完全にそれと同じ状態に陥った。ただ見切ってすぐやめたが…。何が言いたいかというと、1か月たっても設定や景品がそのままという点。そして取れないから残っているというわけでもない。おそらく人気なのだと思われる。

ここにねるねるねるねのコンテナがあったが、我はコンテナの覇者()なので500円かかるかかからないくらいで入手。コンテナはゆうぷら二本松でえらい目にあってゆうぷら系列を嫌うようになったきっかけであるが、あれ以降コンテナは完全に得意分野となった。ただしラウンドワン松山のように移動制限がちがち、下降制限もあり途中停止不可などの激渋設定だと無理だが、普通の店舗ではすでにレジャラン呉羽(富山)や回遊館長浜(滋賀)などで乱獲しまくっている。そのため相当の種類のコンテナが倉庫にある。

他はブラックサンダーの車も入手。うまい棒バージョンは先日秋田の湯沢ビフレでBCで入手したがブラックサンダーの方はあそこでは難しい設定だったのでついに確保。おそらく阿倍野のGIGOにもありそうな気はするが、GIGOなどあてにしていないので関係ない。

あとはネイルステージのような筐体があったはこれは取れない。アミュージアム枚方やスマイルパーク多度津や、それこそわくわくクレーンゲーム王国新横浜でこれを見たことがあるがそちらのほうがまし。この筐体は開閉度がすさまじく大きいので注意。

いちごみるくの素もあったので確保。たこ焼き台だが台が傾いており、明らかにしたから埋めて行って徐々に穴まで埋めて行って物量で押すという方法でしか取れないと簡単に判断できたが欲しい(食べたい)ので継続し、2100円で入手。お得かどうかは知らないがその後百貨店で似たようなものが500円くらいで売っておりおそらく赤字と知る。それなら2週前の千葉鑑定団にもあった気がしたのでそっちでやっとけばよかった。

総合評価として、ハピピランドの系列によくある、可もなく不可もなくという感じで、近場にこういう店舗があったら少なくとも都会のゲームセンターよりははるかに良いので通ってもよい、というレベル。南海東松江(島根ではない)から徒歩か和歌山大学前あたりからバスで延時下車。倉庫系に比べればまだ立地はましな方。


今回は3店舗しか行っていないのと日帰りなのでクレーン金額は15000円と少な目。ただい来週から重い試験が連発してくるので余裕はない。なので日帰りなら遠征はできるが試験前はさすがに行けないし行く気も起きない。東京に再度行くのは7月中旬以降となると思われる。

またPCの増台も考えている。すでに業務用PC15台と学校用1台、ほか3台程度を所有しているがさらに拡大する可能性あり。


2024年6月4日火曜日

東京遠征(n回目)

 やはり東京に行き、ディズニーに行く…わけもなく、以前言っていた店舗と観光名所に突撃。もちろん1泊しかできないので当然ながら始発の新幹線である。

行った店舗および観光地は以下

1日目

シルクハット川崎→ベネクス川崎→タイトー川崎ラチッタデッラ→ルイーダ→イオン幕張新都心→千葉鑑定団湾岸習志野→宇都宮宿泊

2日目

おたちゅう日立南→日立オリジンパーク(小平記念館)→国営ひたち海浜公園→ダイレクト帰宅


では各店舗の印象および紹介。

シルクハット川崎…谷尾年が渋すぎて5000円でも取れない。結局サポートしてもらうことになるが店員の好意で2個取らせてもらえた。ここは設定が近くのモアーズと同様ありえないほど渋いが、実は店員の声は店内にあえて漏らしており、サポートなどが行き届いているということを店中にアピールする効果がある。すなわち我にかなり良いサポートをしてくれた=この店では積極的にサポートをしているというアピールになり、まさに店も客も我もwin-win-winなのである。これに関して文句はない。まあそれでも1個景品2500円なので相当食われているが、取れればもう別に何でもよい。

で肝心のアニマはどうかというと、朝イチにいけばさすがの土曜日でも普通にあいていた。そして我はJPCに一度も行かなかったが他の人は何回か行っていたのでネタには尽きなかった。ロケテストなので自分がJPを取るかというよりもJPCの動画を収めることに意味があるのである。3000円で3時間弱プレイできたので、少なくともコナステよりは設定はよい。

ベネクス川崎…東京えの遠征での入試前日にあそびツナガビンゴトレジャーオールラインというすさまじい運を使ったが入試も当然受かった伝説の店舗。ベネクス系列よろしく取れないというとちゃんと店員はプレイしてくれるし、取れなさそうならサポートもかなりはやい段階でしてくれるのは系列共通。ただやはり最近どこのベネクスでも感じるが、詰みの形になることが多く自力GETはかなり難しい印象。どの景品もサポートありで基本2000円くらいかかり、安く取れたものはほぼない。こういうことが何回も多発するので最近ベネクスには行かなくなったが、それでもサポート体制が良いのでそこらでプレイするよりはよほどまし。あと一番うれしいのは景品の配送サービスを行っているところ。段ボールはプライズのロットの梱包箱のあまりを使うので段ボール代がかからないのが良い。ただし着払いだけだが。これでぬいぐるみなどの大きいぬいぐるみや大きなお菓子セットを配送できる。この点とサポート体制に関してはベネクスが最高。取れやすさ単体で言うなら微妙ではあるが。なおユウヤ師が取ろうとしていたいぶりがっこチーズタルタル(秋田で非常によくみかけるチーズディップとは異なる)はここで見かけたので取った。

タイトー川崎ラチッタデッラ…川崎のラチッタデッラという商業施設でどでかくあるタイトーなので絶対あかんやつやと思ったがそうではなく、タイトーにしてはパワーが入っており昔のベネクスのようなやさしさを感じた。ただ徳島のGIGO、岩手のマッハランドの前例があるのでこの1回だけで野放しに取れる店舗、と断定はできない。何しろ大手なので。

千葉鑑定団湾岸習志野…ユウヤ師のジュースやいぶりがっこチーズタルタルの店。しかしベネクスでいぶりがっこを取っていたのでここではとらなかった。あおさバターはさすがになんかあまりおいしそうな気がしないような。ここはやはり景品が取れやすく、橋渡しも優しい。やはり安心の倉庫系の雰囲気で非常に楽しんだ。なお楽しく遊びすぎて宇都宮に行くための最終新幹線がもう間に合わないことに気づき、在来線最終に乗ることになる…がそれも人身事故で90分遅延して宇都宮着が2時半になるという異例の事態発生。

おたちゅう日立南…JINstudioで紹介されていたので行った。残念ながらほしい景品が少なかった。フルーチェ6個はフック設定で1700円で取れたが原価以上。ただ平均的にはもうちょっと安く取れそう。これは朝食のためにとったが6個で1.2kgなのでそれをもって600km移動するのは重かった。ほかの確率機はまあそれなりの設定で、普通に倉庫系としてまあいい感じの印象を受けた。都会のGIGOやナムコは立地の恩恵があってもかなり閑散としているがこのあたりは田舎なのに大盛況。客はみんな袋いっぱいの景品を持っていることが多い。自宅周辺にもこのような倉庫系があればどれだけうれしいか…。しかし最寄りで北神戸、加古川や長浜となり行くのに2時間はかかるのが残念過ぎる。

国営ひたち海浜公園…ここのゲームコーナーは想像に反してちゃんと取れる設定。基本遊園地のクレーンは渋い印象だが、マリーナシティも生駒山上も、あしかがフラワーパークも東武動物公園もここも案外そこらのゲームセンターよりはちゃんと取れる。ただラインナップは期待してはいけないが。ひよこのようなぬいぐるみを3個GET。去年あたりにドミー知立(愛知)やアピタ蒲郡、ハピピランド日向で手に入れたやつとたぶん同じタイプのもの。スウィートランドもちゃんとおもりは動き、どこぞの落とし口付近に姑息にも滑り止めをつけたりして延々動かない店舗に比べると良心的。

今回のクレーン使用金額は40000円弱。まあ使ってないこともないし使いすぎたわけでもない。なんか毎週試験前以外は遠征している気がするが、それもこれもアレのおかげである。

景品を獲得した店舗もついに340店舗となり、もはや遠征レベルで言うとユウヤ師に並んでいるレベル。技能と知名度はお察しだが…。


来週はディズニー新エリア発生なので東京は混雑が見込まれて危険。というよりまた試験前になるので来週はおとなしくしており、またその後1泊で博多やハウステンボスあたりの西側や日立再訪および千葉東側開拓なども順次行っていく。カービィカフェもそろそろ行きたいが東京のカービィカフェがあかなさすぎる。まあ博多に行けばいいだけの話なのであまり気にしてない。


小平記念館もついでに行き、ここは日立製作所の歴史が見られる場所。個人的にはエスカレーターやエレベーター、医療機器(僧帽弁逆流症などでよく出てくるやつすなわちカラードプラ、重粒子線治療などの機械)、券売機システムMALS、アナログ計算機などとやはりすばらしい発明品ばかりであった。埼玉で展示されていたお召列車も「日立」とあったのでやはり日立の名はだてではない。

2024年5月31日金曜日

たくとりチャンネルの中国四国遠征最終回

 ついに遠征の最終回の動画を見ることができてうれしい。

1店舗目は倉敷市役所が近くのバス停ということもあり、また基本撮影禁止というのでアミパラ倉敷となる。ここは行ったことがない。

2店舗目は倉敷駅南口(美観地区方面。天満屋があるのでわかりやすい。昨年秋に行った)から北口に抜けたのと、あの因縁の両備バス(小学校の頃いやでたまらなかった小豆島合宿にこのバスで連行されて激しい悲しみとともに嘔吐したため)とその後のバス乗り場で非常にぴんと来る。これは我が大嫌いなユーズランド倉敷や。

みにっちゃでガチャガチャの景品やドラクエのミニメタルキングソフビを取るのに2個で10000円くらいかかったような記憶が。何千円かけてもこんなミニサイズのフィギュアに確率すら来ず、店員にサポートをお願いしても渋られてそもそもしてくれない。カービィのアクリルフィギュア(大)を取るのも3000円くらいかかった記憶が。正直サポートも設定も最悪の店舗といえる。

カービィのアクリルフィギュアなら倉庫系(おたちゅう長岡など)で600~800円で取らせてくれるし、タイヨー枕崎でも1000円程度で確率が来ていたし、指宿でもその程度でとれる実力設定。それくらいの価値があるのかと思われたが、この店舗が異常なだけだった。

口コミを見てもユーズランドは特にひどいとの口コミが多く、我も350店舗ほどのゲームセンターで景品を獲得しているがワースト5に入るくらいひどい。そういう店舗なのでもうあれ以降ユーズランドに立ち入ることはおそらくなくなった。ここの口コミは我の思った感想の通りであり、常にこのようなひどい状態らしい。

なのでほかの目的で倉敷に立ち寄った際もこの記憶がよみがえって倉敷=激渋の観念が定着してしまった。岡山県で取れやすい店舗はおそらくお宝発見津山、ついでアミパラ系列。アミパラは撮影禁止ばかりだがぬいぐるみなどはまあそれなりに取れるようにはなっている。


その後イオン倉敷からバスがなかなか発車しなかったというのはGWにありがちで、大型連休にはショッピングモールに郊外在住の人が密集するからである。あと老人が運賃支払いにちんたらして…というのは我も往々にして経験あり。特に秋田県とかになるとほとんど老人しかいないので乗車や降車に時間がかかることが多い。ただ我は混雑した時間帯や日程を避けるので、バスの乗り降りにすさまじく時間がかかるという事態には幸いあったことはない。どこぞのバスは平気で15分遅延した結果電車に乗り遅れて2,3時間待ちを食らった日向市の思い出はまだ新しいが…。

ちなみに最近はバスの到着時刻はもはやあてにならず、特に終着点の場合は遅れの積み重ねが生じてほぼ定刻に到着しないことが分かってきたので、駅への乗り換え時間は最低10分以上はみるようにしている。我も過去バスの遅れで目的の電車に乗れず…というのがそこそこあった。ただ平塚などの首都圏なので次の電車はまだすぐに来るのが救いだが、岡山エリアは少し少ないのかもしれない。

余談だが電車ダッシュで、FT4のレジェンドモードのBGMが流れているのはBGMにあいすぎて笑った。ラウンドワンのシャトルバスはたぶん30分に1本かそこらであまり来ない印象。ただシャトルバスは遠征先でのラウンドワンでもあまり見たことがない。秋田くらいしかシャトルバスをみたイメージがない。なお秋田のラウワンも最寄り駅が羽越本線羽後牛島であるが2時間に1本と使い物にならない。過去2回行ったが実は秋田ラウワンは設定がかなり良かった。最近半年でまた2回秋田に行ったがラウワンにはいかず横手ばかり行くようになった。時代は横手焼きそば(or十文字中華そばor比内地鶏親子丼orとんぶりサラダor稲庭うどん)

3店舗目はラウンドワン岡山妹尾。備中呉妹と合わせて妹を「せ」と読む珍しい駅の地名を持つ。備前西市が最寄りだがここの香川とをつなぐ電車はあまり来ないイメージ。あと駅から遠すぎ。なのでシャトルバスを利用しなければならないのはわかる。なおここは遠いので我もまだ行ったことがない。

その後の新幹線切符購入しようとするも長蛇の列はGWにありがちな事象。我もこの混雑のせいで福山駅で切符をまともに変えなかったり、鹿児島中央で指宿のたまて箱に乗れなかったりしている。混雑など百害あって一利なし。目的の電車に乗れないし延々人生の無駄遣いという待ち時間を生成するしサービスは悪いしと最低最悪である。

あとGWなどは券売機を買うのに手間取る初心者がかなり増えるため、そもそもの人数増加と相まって相乗的に待ち列が長くなるのが問題なのである。100km以上の遠距離きっぷは通常の券売機では買えないので、ネット予約でもない限り窓口か券売機にならぶしかないのだが、大概窓口の方が混雑している印象だが連休ともなると券売機もおそろしいことになるはず。特に姫路、岡山、鹿児島中央などののぞみが止まることが多くかつ外国人が来そうな駅は注意した方がいい。

我が最も嫌うものは混雑なので、それを避けるために全力を投じている。すでに通学などもどの時間の電車がすいているかはチェックしているし、遠征時もラッシュなどを避けるように動いているし大型連休は絶対遠征しない。

そして帰りは新幹線で長野方面へ帰宅…ということらしい。あらためてGWの不便さとその恐ろしさの片鱗を味わわせてもらった。やはり我がGWを避けたのは正解だった。もし同じ状態になっていたら内心超大激怒していたかもしれない。


最後に乗った電車はJR東海(オレンジ色や装甲の帯パターンから判別)のものなので新大阪終着ではなく東京まで行くタイプのものと推測され、長野なので名古屋から特急しなので帰宅…であろう。

この遠征動画を最後まで見せてもらって非常に面白いと感じたが、実はアニマロッタ8のロケテストということでその新幹線に明日乗ることになっている。長野は1月にスタンプラリー完全制覇のために2泊目にまたメトロポリタン長野に宿泊したが、それ以来行っていない。

今週末は東京遠征(ロケテスト目的)+ついでに茨城や群馬、秩父観光およびユウヤ師の行った千葉鑑定団松戸、習志野に行くのが目的。


2024年5月30日木曜日

ユウヤ師の千葉遠征

 アニマ8のロケテストに行くついでにやはり関東を回るので、候補としてはネモフィラや草津温泉、あしかがフラワーパーク、道の駅ちちぶがあげられるが、ユウヤ師が千葉に遠征していたのでそれら店舗の中で行きやすいものはないか模索する。

千葉遠征の動画をさっそく見ると、

「東京に実質タダで行く方法」→フィギュア100個売り

クレーンゲーム中級者程度の我がそんなんで稼げるはずがなく、そもそも近くに景品が取れやすい店はないし車で行かないので荷物ぱんぱんですぐゲームオーバー。稼げるどころか都会のぼったくりゲームセンターのいいカモになるのがオチ。ちなみに秋葉原は物価があほみたいに高いので、フィギュアもおそらくそれなりの値段で売れる。山形など地方のお宝中古市場と秋葉原の中古ショップでは物価が3倍違うと思っておいて損はない。

その後秋葉原のゲームセンターで散財、とあるがやはりみんな同じで、秋葉原のゲームセンターでたくさん景品が取れるなどありえない話である。どこぞのタイトーでは1プレイ500円のクレーンゲームがあり、それでいてアームパワーが府中くるるのタイトーの100円台とほぼ変わらないという。あそこでプレイするのは何も知らない外国人か、富豪くらいである。

ユウヤ師はフィギュア100個で10万手に入れたらしいが、確かに我も東京の遠征なら運賃、宿泊含めてそれくらい使うことが多い。東北となると15~25万は見た方がいい。我はアレをやっているので10万はその方法で1週間以内にすぐに手に入るので遠征費はそれでまかなう。

①千葉鑑定団 松戸

松戸駅からバスが多く出ているので行きやすい。運箱があればとりたいがもって帰るにはなかなかハードなので難しい。

②千葉鑑定団 習志野

湾岸習志野にご当地ベアがありそうだが徒歩で侵入できないので悲しい。南船橋が最寄り、そのまま新習志野駅に入るとよさそう。新習志野は今年1月にスタンプラリー60駅+東北全県巡りを7泊8日で敢行したときに初日にスタンプのために成田、土浦、千葉方面からの帰りに津田沼から新習志野にバスで移動していたので実は行ったことがある。ここはジュースがあるようなのでそれを飲み物にしながら歩くのもよいが、見たところ2リットル以上ある瓶なのでさすがに遠征で持ち歩くにはあまりに厳しい…。いぶりがっこチーズディップ?もここに景品としてあったが、3週間前横手駅で買った本場秋田のチーズディップが非常においしかったので、これはとりたいところ。なお今回は秋田山形方面にはいかない。ポスターが貼られているところに景品をおいて撮影もしたい。

③サープラ沼津

クレーンゲーム商店街、などと書かれているのは絶賛リニューアル中のサードプラネットとしか考えられないのでサープラ沼津と予想できる。

④ラウンドワン富士

先に行っておくがこの店舗は許さない。というのもカービィの三角ほおばりマスコットが4000円でも確率が来なかったからである。通常の大きなぬいぐるみより一回り小さいぬいぐるみで4000円で確率が来ないなどあのGIGOでもせんわ。10円キャッチャーもかなり渋かったので、この店舗だけ動画内では行ったことがあるがもう行かない。一応最寄り駅は確か吉原だった気がするが、帰りは東京から新幹線で一気に帰らないと次の日の講義に間に合わないので寄っている暇はない。なお富士で最も取れる店舗はどう考えてもおたちゅう富士である。ここは真の神店舗。我が行った300店舗以上のゲームセンターのうちトップ5に入るといってもよい。ただここも時間の関係上パス。


実は千葉県ではまだクレーンで景品を獲得したことがほぼない(アドアーズ柏には行ったような)ので、①②のいずれかは行く可能性が高い。また群馬県も何度も行っているがクレーンはしていないので、万代書店高崎あたりを狙っている。栃木はタイトーVAL小山(閉店)、ナムコロブレ小山、ゲームれいんぼー、ラウワン宇都宮などいろいろ行っている。埼玉もラウワン大宮に行っている。茨城県はおたちゅう日立南がよさそうなので行く可能性あり。おたちゅう日立南はJINstudioがすでに来店済みなのでよさそう。ゆうぷら二本松は許さんが。


ご当地ベアは道の駅ちちぶ、草津温泉、国営ひたち海浜公園、偕楽園あたりを狙っている。東京のご当地ベアはさしてレアでもないので買わないことにした。昔は東京でお土産を買うことが多かったが最近は何も買わないようである。

ディズニーランド…に行きたがっており始発の新幹線がどうのこうの言うていたり、新潟まで北陸新幹線でいくだの言う同級生がいるが、始発の新幹線に友達同士で集合など普通できるはずもなく(待ち合わせが現地としても5時50分頃となり始発でもおそらく住んでいる場所の関係上いけないと思われる)また北陸新幹線は新潟を通らず上越妙高くらいしか行かないことを知らないらしく、知識に差があるようである。

が初めて関東に行った時のことを懐かしく思う。富士急に行くために新横浜についたとき興奮したし、JRアナウンスステーションできいていたあの接近BGMが実際に流れているときはうおーとなった。

同級生は横浜に行ったり広島、金沢に行った後仲の良い友達にお菓子を配っているが、我はそんなことはしない。というのも横浜広島金沢は近すぎてほぼ買う気が起こらず、買うならその日の総菜としてしゅうまいなり蠣なりオイルサーディンを買うくらいである。

ただしおたちゅうなどで得た景品の中でお菓子類は自治会によく寄付している。山形や福島、宮崎で取った景品(コンテナの中身など)は友達にあげており喜ばれている。


2024年5月29日水曜日

アニマロッタ8 マジカルマインのシミュレーション(1)

 ロケテストにはまもなく往復30000円かけて行くが、その前に有志の方々(一応我は彼らのファンである。なにしろかにかにチャンネルを見て今月秋田の湯沢ビフレまで行ったので)が動画をアップロードしてくれているので、それを見てまずマジカルマインのルールについて考えようと思う。

といってもここではブロックがつながっても消えない、とか道が開通すれば配当GET、とか当たり前のことを話すわけではない。あくまでプログラムに結びつけるための初期配置のルールやオッズアップの規則などを調べるのである。

個人的にはこれまでのアニマロッタのゲームの中ではトップ1,2を争うくらいにシミュレーションに時間がかかる難しめのものとなることが予想される。

動画を見る限りだとルールは以下

①基本赤青緑紫の4色のブロックで構成される(3色の場合もある)

②それぞれのブロックの個数に規定はない(多いと20個、少ないと4個など)

③各まとまりのブロックの個数は最小2個、最大6個

④各ブロックに配置される数字の個数は2個または3個

他にもルールがある可能性は否定できないが、おおむねこれくらいのルールを課せば本家と同じものになると期待できる。なおブロックの組の総数は、2個または3個という条件から最小9組、最大13組とわかる。

⑤オッズアップの方式が不明。数字の個数依存ではなくブロックの個数依存であることが分かったが、上昇範囲はある法則にのっとっているのかそれともランダムなのかが不明。一応8個以上つながればオッズアップ対象になり、オッズアップ時ランダムにどこかの宝箱がオッズアップするということまではわかっているが。

これらを確かめるためにやはりロケテストに行かなければならない。

とりあえずその部分はおいておいてプログラムを進めることはできる。


2024年5月27日月曜日

アニマロッタ8ロケテストに行く予定

 もう実機アニマは全然やっていないが(理由:メダルゲームをする時間がない+クレーンに比べて得るものがない+そもそもコナステで実質無料で遊べる)アニマロッタ8のロケテストは気になるので急遽川崎に行くことにした。

期間があまり長くないので即今週待つに講義が終わって帰宅後すぐに準備し行かねばならない。おそらく21時台にはシルクハット川崎に到着可能。夜になればなるほどすぐはずなので、近場にホテルをとって23時過ぎまでやる予定。

もちろんただそれだけではなく、他のやりたいこともやる予定。おそらく群馬、茨城、埼玉、千葉を中心にめぐる。最近話題の千葉鑑定団や万代高崎などにも行きクレーン全国制覇に拍車をかける。

アニマロッタロケテスト動画はアップロード予定だが、それだと特に需要はないのでプログラミングで各ゲームのペイアウト率を算出させる。

とりあえずマイン的な通常ゲーム、ワンダーおよびJPCがあるが、マインもワンダーもあかんりプログラムは煩雑になると推測される。JPCはすぐにシミュレーション可能。

おそらくこのマインのペイアウト率を算出できるプログラムが作れるのはあまりいないと思うので、ここで我の出番となる。


シルクハット川崎の隣にモアーズがあるが、我はあそこでトライデッキカービィマスコット確率機8000円というあほみたいな設定を見たのであそこは大嫌いである。そもそも川崎のゲームセンターでクレーンをした時点で敗北である。あのユウヤ師もやはり秋葉原で散財しているらしいし。結局のところ店舗の設定>>>技量>運なのである。

今度は急な山形秋田1泊2日遠征ではないので、15万とかの出費にはならずおそらく5~10万円で収まる。ベネクス大和はもはやメダルゲームがなくなり、爆取れというわけでもないしそもそも遠いので行くか疑問。ベネクス川崎はありだが、ここはかつて東京のとある医科大学の入試前日に夜までツナガロッタで遊んでいた懐かしの店舗。そこでまさかのビンゴトレジャーオールラインというとんでもない役をたたき出したのである。一応言っておくがちゃんと入試は面接込みで通った。余裕だったので前日夜までゲームセンターで戯れていただけの話。

宿泊ホテルはおそらく都内のどこか。でないと夜遅くまでプレイできない。

あと5限がはやく終わってくれないともろにその遅延がロケテストのプレイ時間に影響する。

2024年5月26日日曜日

徳島遠征(4回目)

 今年4回目の徳島遠征。今回行った店舗は

①GIGOスエヒロボウル徳島

②アミコ屋上

③ハピピランド徳島

の3つのみ。ラウワン、パレパレ田宮はスルー。使用金額は14000円程度とまあ少なくもなく多くもなく。

①GIGOスエヒロボウル徳島

カービィのマスコットがデュエットに置かれていたので、これは新作なので確保しようとする。この手のマスコットは設定金額が2000円という認識なので、悪くても2000円で終わると思っていたが一向に取れず、結局店員の度重なるサポートの挙句、サポート+確率到達という非常に残念な結果に。結局カービィのプチマスコット1個ごときに4000円という、ある意味普通のGIGOらしい結果となったので、もう次からは行かないであろう。

直近2回の印象が良かっただけで、やはり結局は盛岡のマッハランドのタイトーと同じく大手らしく徐々に化けの皮がはがれていったのだと思われる。GIGOの店舗であるということを甘く見すぎていた。なので以後の遠征でGIGOは確実に取れる確率機以外のものをプレイするか、あるいは完全スルーする手法をとる。先々週行った米沢のGIGOはとなりが倉庫系なのでさすがに変な設定は少なかったが…。

②アミコ屋上

やはりここは安定して取れるようで、3週間前に金沢の香林坊大和の屋上遊園地でもヤマダ電機なんばでも取れなかったカービィの生首?をついに取ることに成功。GETした台はだぶるあっぷ氏が金とカードとiPhoneを大量に投入しているあの筐体。なおアームはあれらの動画の超強力設定とは違い緩いがちゃんとバランスよくつかめば取れる設定。ある意味本当のクレーンゲームといえる。

他のあらかるともずれても落ちる+下降距離も長いの良心設定で、この手のゲームコーナーには珍しい店員の良い対応。文句なしにここが日本で最高に取れやすい屋上遊園地といえる。

③ハピピランド徳島

イベント継続中で、100円2プレイ5回券やビンゴ券を配っていた。しかも一撃獲得狙い台があり、そこに先ほど4000円沼ったカービィが入っていたのでプレイ。するとすぐに取れる。なお筐体には明記されていないが3個までだったようで、3個目を取ろうとしたあたりにそれは教えてもらったので良いのだが、袋に入っている「別の店舗でとったカービィ」を含めて4個目ではないかと疑われる。

まあ確かに非常に紛らわしいし確固たる証拠もない。たださすがに店員なので近くの店舗の入荷状況は知っているので納得してもらう。特に態度が悪いというわけでもなかったので、どこぞの都会のタイトーや岡山県の某ユーズランドとは違う。

ちなみになぜその台にかなりの制限+監視がかかっていたのかというと、すさまじく取れやすかったからである、これは設定ミスではなく、100~200円であのカービィの新作マスコットが確率到達するという、いわゆる客寄せのような特別台。したがってさすがにああなってしまうのは仕方がないし納得できる。

その後はプレイ無料券やガラポン、くじびき(玉)なども楽しませてもらい多くの収穫を得る。ほかハピピランドは特にそこまでやっているはずでもないのに、なぜか徳島だけ大盤振る舞いが続いている。

もっかいちゃんねるが来てから俄然やる気になったハピピランド徳島。非常にすばらしい店舗なのでもちろん今度徳島に行った時も行く。

なおビンゴは15時から始まったがさすがに子供にまぎれて我がビンゴに参加するのは明らかに場違い的な雰囲気があるし、何より景品のラインナップが、ちょっと言うには申し訳ないが、そこまで良いものではなかったため参加しなかった。というより一応遠征なので時間配分が重要だったのもある。

ただもし景品がドラクエグッズ(しかも持っていないものや高価なもの)だった場合は、猛者(遠征の頻度だけであり技能は中級者かそれ以下)として参加していたかもしれないが、やはり恥ずかしい。今や(いつまで続くかわからないが)徳島に毎日遠征できるくらいの収入は見込めるはずのような気がしないでもないような感じだと思われるので、必死にビンゴで景品を狙うのも得策ではなかった。

近場のヴィレヴァンは最近景品が取れないようである。というかそもそもパワーが足りていない。まれに取れることもあるがヴィレヴァンは基本そういうミニクレが多いので割り切っている。

また例のコストコ系じゃがりこ台もあったがなかなか難しかった。動画にあるようにBCできるパワーはぎりなく、奥乗せは有効だがずらしすぎるとアームが届かず積む。やり方を知っていればかなり取りやすいがそれに気づくまで時間がかかる。しかし100円2プレイ券の併用などのおかげで1700円で入手。中身が欲しいというよりはユウヤ師もとったあの景品の外箱を所持していることで動画を見て追体験及びシンパシーを得られるという点に重きを置いているのである(変態)。


結論:

GIGOはどこまでいってもGIGO

屋上遊園地最高設定は徳島アミコ

ハピピランド徳島はやはり素晴らしい

以上

先週は試験前日のため、4連休あったがさすがに遠征する気も起らなかったので普通に勉強していた。2週間前は米沢+横手+北上の遠征、3週間前は金沢遠征、4週間前は結婚式、5週間前は徳島遠征(3回目)、6週間前は海南ポルトヨーロッパ、7週前は徳島遠征(2回目)、8週前は四国3泊4日遠征(徳島+高知+窪川+伊予大洲+松山+伊予西条+多度津+高松)、9週間前は敦賀新幹線開業後チェック+ついでに回遊館長浜、10週前は新幹線開業前の上越訪問+ユウヤ師の北陸聖地巡りでおたこま、ゲームスポット207などの北陸遠征となっており、非常にイベントが多い。

なお来週はアニマ8ロケテのためにどこかの日付に東京に行く予定であり、そのついでに茨城の水戸偕楽園、国営ひたち海浜公園あたりが予定されている。

なお我が大ファンであるもっかいちゃんねるはこれよりもっと遠い遠征を週単位でこなしているので、この程度足元にも及んでいない。

とはいえ遠征後にをまたぐ夜中に帰宅してその日に講義があるというのはなかなかつらく、前日の数万歩+レンタサイクル+移動しまくりで体ががたがたなことが多い。

2024年5月24日金曜日

天王寺パスカにアヒルリポップ

 だぶるあっぷの動画を見てもしやと思ったが、久しぶりにアヒルが復活しているかもしれないと思ったので天王寺パスカに行くとやはりあった。

狙い方を見るにおそらく我の動画を見たのではないかと推測される。尾側によせて羽根を書き上げて羽根と頭で斜めキャッチするのがもっとも取れやすい取り方であることは何百回もの試行の結果わかっている。

もしくはアヒルが2匹いる状態で奥のアヒルを狙い、手前のアヒルと衝突するといい具合に反発して落ちるという事例もそれなりにある。キャンディストッカーはその原理でたくさん手に入った。

少なくともだぶるあっぷ氏が関西、しかも大阪府内在住である可能性が高い。あの設定で裏にあるのが糞のソフビとなると100%確定で天王寺パスカである。

彼は急にチャンネル登録者が今年から増えてもともとはジョイステ(1万人程度)と同じ雰囲気のローカルなプレイヤーというイメージであったが(休止動画発表前)今年から順調に(一次関数的に)登録者を伸ばしていつのまにかユウヤ師を超え、もっかいちゃんねるも超え、KTGも超えてもはやつるなかに迫る勢いである。

おそらく来年にはつるなかを超えてクレーンゲーマーTOPになるのではないかと推測している。

なお天王寺パスカのアヒルであるが、上記の通り方法をわかっていても簡単に取れるわけではなく絶妙な設定。しかしそれなりに取れるので気持ちいい。なんとなくアヒル狩りを昨年あたりから繰り返しているうちに、倉庫にこの特大アヒルが山積みになっていることに気づき、最近はそこまで獲得に本気になっていない。というのもあの特大アヒルの所持数はとうに100個を超えており、空間的圧迫がすさまじいからである。

パスカはカプリチオのバウンド設定およびアームで押す設定のものが多く、それ以外はだいたいUFOトリプルかデカクレの大ぬいぐるみとなる。パスカのぬいぐるみは非常に取れにくく、4000円で取れないこともざらで確率無視も難しく、どちらかというとディスプレイ的な意味合いが強い。なのでここでぬいぐるみを取るのはおすすめしない。

押すタイプのものはそこそこ沼っている人を見かけるが、実はあの景品群が取れやすい。(まだこちらも取る可能性があるので情報は控えておく)

他店舗ではそれなりにかかりそうなその景品も実は500~1000円で安定して取れる。

バウンド設定で取りやすいのは上記のアヒルおよび一時期のドラクエ水筒(後ろから倒すだけでワンパン連発で大量乱獲してしまった)、キャンディストッカー(位置的にキャンドルライトに当てて反動で落とす)。後者2つは我が取りつくしたのと対策されたのでもうないし取りやすくなることはないと思われる。

糞ソフビとドラクエ雑貨系、ビッグクリアフィギュアは取れなくはないがかなり取りにくいので注意。実はこの天王寺パスカには十数回は通っており店舗の癖は把握している。府内で最も行っているゲームセンターである。

なお2階には初代アニマロッタがある。以前はスーパーウェーブ静岡にあったらしいがたぶんない。またサープラ福島も昨年まであったが今年リニューアル前から初代アニマは消えている。




2024年5月16日木曜日

東北遠征(n回目)

 再び東北に行きチェリーランド寒河江で新しい熊を確保しに来た(2匹で20000円)。

しかし1泊2日しかできないので、直行で米沢に行き米沢牛を食ってお宝中古市場米沢と天童(山形南は時間が足らず不可)、そしてチェリーランドと茂吉記念館(リナワールドも時間なく不可)に行き新庄宿泊、2日目はかにかにちゃんねるが動画を出していた湯沢ビフレにいき秋田ふるさと村に数か月ぶりに行きご当地ベアをついに入手し、神店舗万SAI堂北上によって秋葉原ルイーダでごはんを食い即刻帰宅(新幹線激混み)。

よって今回行った店舗は以下。

GIGO米沢

お宝中古市場米沢

クレーン寒河江

お宝中古市場天童

湯沢ビフレ

G3ポロス横手南

万代横手

万SAI堂北上

では上記店舗での出来事を紹介。

GIGO米沢…お宝中古市場米沢と併設しているのでGIGOの割に取れやすい設定のものが多いが橋渡しは相変わらず渋いようである。

お宝中古市場米沢…ビッグクリアフィギュアは昼だったので入荷していなかった。あと数時間待っていれば入荷していたが。ここでの特殊な設定として、野菜やフルーツなどをフック設定でGETできるものがあり新鮮。ただし重量が大きいので遠征の我がもって帰るのは困難。

クレーン寒河江…残念ながら全然取れず、ぷにゅっと系に2000円、ビッグクリアフィギュアも4000円超え、どちらもサポートあり。以前に来た時に比べ取りにくくなっていた。ぷにゅっとはミニクレだがパワーが足らず、また確率設定がないものとみられる。シールドはその分低いのだが転がすパワーが絶妙に足りず取れない。この設定はナムコ彦根でえらいめにあったので嫌いである。ビッグクリアフィギュアは横に広い筐体で、タイトー神辺(広島)やタイトーキャナルシティ博多で見たことがあるもの。これはさすがに取れん。GIGOの方が間違いなく安く取れた。この店舗に期待して山形まで800km以上かけてきてしかも駅から徒歩で2kmくらい歩いてきた割には成果が少なかったのでショックだった。次寒河江に行くときは行かないかもしれないが店長か誰かと楽しくお話できたしそれ以外の設定は良好だったので、注意はするがまた行くかもしれない。

お宝中古市場天童…ビッグクリアフィギュアは何らかの事情でまだ入荷していなく、ぬいぐるみなどをとる。パンケーキは弘前のハピピランド以来久しぶりに見て、1500円くらいで入手。基本的にぬいぐるみの設定金額が良い店舗は1600~2000円である。なおすでにこれは2個持っているが、両方三田のミールで入手した(トリプルキャッチャーメガダッシュ)

湯沢ビフレ…メダルコーナーはかにかにチャンネルで紹介されていたがクレーンコーナーは高額景品が多め。設定はユニークなものが多いが高額景品はおそらく取れないものと思われ鵜。通常のプライズについては、スイートランドでマリオ系の景品が非常に取れやすかったので案外悪くはないらしい。

万代横手…ビッグクリアフィギュアを狙うが2000円でもアームパワーが上がらず持ち上げもしなかったので店員を呼んだら謝られた。おそらく通常時のパワーがそれなりだが確率到達時のパワーを設定し忘れていて確率到達後に逆にパワーが落ちたとかそういうのが理由ではないかと思った。店員の対応が良かったので、ここは気に入ったのでまた来る。

万SAI堂北上…やはりビッグクリアフィギュアが安定の1200円設定。昔からここはこの金額なので安心。ほかのものもやはり取れやすく、店内は景品を持つ人だらけであふれかえる。結局一番取れたと感じたのはやはり我が絶賛するこの万SAI堂北上だった。

今回はクレーンは全店舗で30000円少々と控えめ。ただしご当地ベアに25000円くらい、運賃で50000円くらいかかっている。


RMTに関しては別の新たな、さらに効率的な手法を編み出したので収入はさらにアップ。これはまだ有効なのでここで話すわけにもいかないがそのうち対策された頃にでも記述する。

とりあえず1日でリセマラ1500回はできそうなイメージ。

2024年5月8日水曜日

リセマラ対策に対する対策と東北

 KONAMIがついにPC版にリセマラ対策をしてきてやられたかと思いきやまた別の方法を見つけたのでそれにする。方法は競合を防ぐためにあえてここでは言わないが、ある程度勘がよくコナステを知っていればわかるかもしれない。

急いで新しいリセマラのためにプログラムを再構築し、ようやく落ち着いてきたところである。なおGW中はしょぼいプログラムではあるが190000枚分のメダルを自動で獲得し、まだ売ってはないがおよそ50000~60000円の収入にはなる。

さてそれはおいておいて、ゴールデンウィークに宿泊などのおでかけをすることは混雑、高価と何もいいことがないのを知っているのであえてその次の週の、金が枯渇している可能性の高い時期にあえて行くことにより混雑を回避し快適に遠征をすることを計画していたので、とりあえず山形と仙台に行くことにした。

今年は2回山形に行っているが、数日後もやはり山形に行く。今回の目的は新しくなったご当地ベアを買いに行くべくチェリーランド寒河江(3回目)に行くことと(でか熊も買うがもちろん山形S-palでヤマト運輸行き)、時期的にちょうどビッグクリアフィギュアのはぐレモンが出るのでそれを安く取れることがほぼ確定している倉庫系に行く。

山形のクレーンゲームではお宝中古市場山形南が代表的だが、確かにここのラクチャレ系は取れやすいが橋渡しは苦手。2回とも3000円以上沼ったような記憶が。寒河江には90N寒河江というクレーンゲーム店があるが、実はここは非常に取れやすい。ただおそらくここには入荷しないと思われるが、まあ一応行っておく。前回は店舗散策とガチャ、購入のみにとどめた米沢や天童にも行くがおそらく天童は時間の関係上行かない。米沢のお宝中古市場はほぼ確実に行く。ここにつく頃にブース展開されていればうれしいが…。もし山形県内で手に入らなければ帰りにおたちゅう富士あたりにでもよるしかない。とにかくこの手の景品は大手ゲームセンターで絶対にとってはならず、約1200円以内で入手するためには倉庫系の確率機に入れられていなければならないからである。間違っても秋葉原でクレーンなんかせん。

仙台では以前行かなかったゲームコーナー東部に行くかもしれないがその日には帰宅かつ昼頃にはハリーポッタースタジオツアー(いかない可能性あり)なので厳しい。

ハピピランドに関しては古川は新庄経由でないと面倒で、新庄に行く場合はやはり天童と鳴子温泉も行くのだが1泊2日という時間の都合上無理。

ラウワンについては取れやすい郡山だけ行くであろう。サープラは福島がリニューアルしたので行く。そのついでにあの取れないラウワン福島にもついでに行く。郡山と福島でラウワンの取れやすさが全然違う。

サープラ福島は初回カービィのマスコットに6000円沼り悪質と感じたがサープラ特有のアーム振り回し有効若干持ち運びの確率無視しやすいタイプの筐体であると知らなかったのが理由。それ以後はサープラの癖を知ったので実は良い店舗な方と気づく。橋渡しも取りやすい(ただし末広がりで沼ったサープラ与次郎は除く)

2024年4月23日火曜日

リセマラにおける最適化モデル構築

 1回ログボ70枚でリセマラを行っているが果たしてどのやり方が安定して多くのメダルを稼げるのかを考える。現状、日によってブレがそれなりに大きいので、1日10000円は達成できるよう、およそ40000枚を安定して取りやすいBETの仕方を考えたい。

もちろん手作業ではなくPC複数台体制によるリセマラ。あれを手作業でやっていては1時間でおそらく8回程度で、期待値的に70*0.85*8=476枚なのでレート0.25と見積もっても119円。単純作業で場所を選ばずにだいたいできるとはいえ時給119円はあまりにも低すぎる。

さて、どのようなやり方をしたら40000枚は安定して稼げるようになるのかをいろんなモデルを作って考えてみる。プログラム自体は我お得意のmathematica。最近研究でpythonも扱うが、やはり慣れている時間の関係でこちらの方が扱いやすい。ウディタでも可能だがこの手の数学的処理にあまり向いてはいない。

ここでは経験上、以下を仮定する。

①アカウント作成をしてゲーム画面まで:6分

②ゲーム1回:2分

(すなわち1ゲームすれば6+2=8分、2ゲームすれば6+2+2=10分となる)

③1日の稼働時間は0~4時、メンテを除いて7~24時の合計21時間=1260分

④稼働台数はおおむね8台であるが、接続の問題などもあり実質7台分と仮定して1260*7=8820分とする

⑤ペイアウト率は85%

この仮定の下で各モデルに対して10000回試行し(これ以上になると数時間かかる見込みなので妥協。すなわち10000日分行うことを意味する)、その日ごとの合計枚数分布(1アカウントの保有枚数の分布ではないことに注意)と平均値、回転数等を比較する。

⑥最近の相場では10000枚未満は下落しているので、各アカウント10000枚以上となった時点でゲーム終了とする

⑦BETの仕方はすべて、現在の持ちメダルをすべて賭けるものとし、MAXBETは999とする


まず一般的なイメージとしては、ゲーム数を増やせば増やすほどメダル70枚の供給機会は減るため、何度継続してゲームをプレイしても期待値は減少することが推測される。しかしゲームを増やすということは比較的高確率で当たることを意味し、これは期待値は減るもののばらつきが少なくなることが期待される。40000枚以上になる確率は、期待値が減る要素により減るが、逆に分散については小さくなり、かつ平均値がそれより十分に高い場合、確率としては上昇する。その2つの要素がどちらがどれくらい強いかは直感的にわかりづらいため、モデルを導入して解析するのである。


そしてBETする倍率はある数値nに対して0.8nから1.2nの中からランダムに整数値が選ばれるとする(例えばn=20なら16,17,18,19,20,21,22,23,24のいずれかからオッズが選ばれる。ここは小数第1位まで表示されるG1とは異なるが重要な部分ではないので無視)

このnをn=5からn=100まで動かし、最適なnを算出するが、各nに対して行う処理を96回行うため処理時間が非常にかかるので、このnによる結果には連続性が容易に推測できるので各nに対しては少なめの100回で実施する。

結果↓



青が40000枚以上を得られる確率(*100000)、オレンジが1日での平均獲得枚数である。
各nに対して100回の試行なのでかなりのばらつきがあるが、おおよそのトレンドはつかみやすい。

やはり最短2回で到達するn=14付近と最短1回で到達するn=160付近で期待値が高くなっている。それ以外の場合は10000枚以上で終了、という目標を設けたため、n<13付近ではBET回数が増え(=ログボ70枚の回転効率が悪い)、n=70付近では10000枚に到達せずに無駄にそのまま浪費してしまい(=ログボ70枚の回転効率が悪い)、n>160付近ではあたりは大きくなっていくもののその分当たりにくくなるので確率や期待値が下がっていると言える。
そしてもちろん、最短1回勝負の方が回転効率が良いため期待値もn=14付近に比べて大きい。ただnが大きい場合、そんなに多く170倍などのオッズの高い馬が立て続けに来るとも言いづらいのであまり実際には適用しづらい。

そういうわけで14倍付近のオッズにBETする作戦で行く。


2024年4月21日日曜日

四国遠征3回目

 遠征、というか週課のようになっているが、やはり徳島に遊びに行く。

今回はGIGOスエヒロボウル徳島→ハピピランド徳島→アミコ屋上→徳島ファミリーランド→パレパレ田宮

①GIGOスエヒロボウル徳島

もう対策され、かつ在庫がなくなって個数制限も付与されたからばらすが、天王寺パスカでは初期位置からアームを挿入して手前に倒すだけで一撃でドラクエのステンレスボトルが入手できた。近隣のラウンドワンもなぜか設定が易しかったため、府内で20個近く乱獲。他はタイトー衣山(愛媛)、このスエヒロボウル徳島で2個目を獲得。途中景品がはまって動かなくなったが、店員に修正をお願いすると次の1手で取れる形に。GIGOであそこまでサポートしてくれるのはいい意味で異常。GIGOで1000円で景品が取れるなど本来ありえないことである。我は過去GIGOでやられまくっていたのでアンチGIGOだが、ここは他店舗より設定が良く、まずちゃんとアームがなでアームではない。基本GIGOの橋渡しはほぼなでアームと思っているので。

②ハピピランド徳島

もっかいちゃんねるのイベント後力を入れているのか、100円2プレイ券や500円投入サービスやガラポンなどイベントをかなりやっていた。前々回(もっかい来店前)カービィコンテナがあったブースは前回(2週間前)1kgチョコになっていたがそのブースは別の場所に移動し、そこは最終的にラーメンになっていた。なお今回ついに1kgチョコを入手。ユウヤ師が簡単にとっていた麻雀のぬいぐるみ?も300円すぐに取れた。どこぞの2000円以上かけてもサポートもなく、明らかな詰みの形になる海南のゲームランドBallyとはえらい違い。あそこはサポート体制がないのが一番つらいところ。4000円で手に入らない可能性があるのは怖い。ただしスライム台はついに攻略法を、というかこれが正攻法なのだが、気づいたので今度やる。ただ他の台は渋いのが分かったのでおそらくやらない。ここの店舗は気に入ったので、というか多く回った店舗の中でもかなり良さめなのでまた行くしこういうサービス、設定のいい店はなんぼでも金を落とす気になれる。また近いうちに、はやければ来週またいく。

③アミコ

ついに子供にあのカービィ台が実力機であることがばれる。2個とって大いに喜んでいたようである。我が2週間前やったときは残り個数が少ないため逆に獲りやすかったが、今回は山積みなので取りにくかった。スーパーボールすくいも何気に楽しい。あの大きいサイズのスーパーボールはおそらく単価100円程度のはずなので、この手のものは半分サイズの10円くらいのものが流れているのが普通なので、少々お得感がある。しかも筐体はすくってちょ!の初代とレア。カプリチオセサミも見た目に反してちゃんとパワーが入っており、やはり屋上遊園地の中では優秀。以前は店員がサポートしてくれたし。

④徳島ファミリーランド

結論から言うとここはだめ。ポートクレーンだけはまあそれなりだが。山積みだが落とし口からかなり奥にあり、しかもシールドありで1回200円というあほみたいな設定。正直ぱっと見ただけでここまで渋い設定はGIGOでもない。案の定アームパワーも弱く、他の同系列(遊園地系)に比べて明らかに獲りにくい。1プレイ200円の台ですら景品を転がす力もないのは正直終わっていると言わざるを得ない。もう二度とプレイすることはないだろう。結局4000円使って猫のまるっぽい中サイズのぬいぐるみ1個しか取れず。これ生駒山上遊園地やレスパ知立(もっかいちゃんねるの愛知編で紹介されていた店)などでときどき見かけるタイプの景品。店員ですら「あまり本気になりすぎないほうがいいですよ」といいだす始末。店員も取れない店であることをわかっているらしい。おかげで熱くなりすぎずになんとか4000円でお耐えることができた。なお我が3000円近く散財して取れなかった筐体はUFO800。これまで指宿いわさきホテルでしか見たことのない筐体。あそこでも2つ景品を獲るのに4000円くらいかかった。この筐体との相性は悪い模様…。他は城崎や縁日堂(宮崎)などによくあるNewUFO。ポートクレーンは長崎浜屋百貨店屋上で見て以来。

余談だが帰り16時半にバスがなく最寄り駅まで4kmほど歩いた模様。しかし途中に農産物直売場があり、新タマネギ(1クレ)を購入してご満悦の我。

⑤パレパレ田宮

ユウヤ師に紹介されていた店舗。動画ではさしみ醤油の1回目、5000円散財の2回目がある。我はこれで3回目になり、以前カービィコンテナが100円で取れた台はポケモンのティッシュになっており、フックはさらに広がっていた。取れやすさでいうなら大手ゲームセンターよりは取れるが倉庫系ほどではないイメージ。クレナワイドが4台もあるのはレア。少々変わった設定があるので、なかなか面白い。

なおラウワン徳島は、徳島動物園のあまりの取れなさで散財したので行けなかった。今度行くときはここはもう行かないので金に余裕ができるはず。


現状で徳島のゲームセンターの景品の取れやすさは

ハピピランド≒アミコ≒GIGOスエヒロボウル徳島≒パレパレ田宮>ラウワン徳島≒道の駅くるくるなると>徳島ファミリーランド

いつか倉庫系の藍住店にも行きたいと思っている。

2024年4月14日日曜日

ゲームランドBally3回目

 本日またゲームランドBallyに行ってきた。最近では3回目、通算で4回目となる。

これまでの戦歴

1回目 クッパのBIGフィギュアが1000円くらいで取れて優良店と感じた

1と2回目の間 もっかいちゃんねるで紹介される

2回目 カービィのスクイーズに6000円かかる

3回目 スライムのぬいぐるみに6100円かかり合計7900円で景品1個

4回目(本日) 小さな熊2200円 3回目と同じ台で2600円 ヨッシー2600円で取れず

だいたい毎回7000~8000円使って景品1個か2個というイメージ。

スライムの台については3回目は大沼りし、後半特別なサポートでやっと手に入ったか、という感じで4回目は途中からバーに当ててその後の閉まる勢いでばちっとすることに途中からようやく気付きこの台の攻略法を得た。これで今度から1500円くらいで取れそう。

ただ他の台はやはり厳しく、設定としてはラウンドワンと同等かそれより難しい印象を受ける。結局最近3回行って20000円少々使ってぬいぐるみ2個、スクイーズ1個、マスコット1個という成果。

残念だがここの店舗の難点は初期位置のみ、というもので4000円使ってもサポートをしてくれないところである。オタイチポップなどのように基本詰むことはなく良心設定で初期位置のみなら納得がいくが、下手すると詰む可能性のある設定で初期位置のみは非常に恐ろしい。それならセガやナムコの方が4000円でサポートをしてくれる上、確率設定もそれなので安心できる。

黄色ヨッシーも残念ながら取れなかった。アソベース豊川(愛知)では1100円で入手出来て萬屋八戸(青森)でも1000円台で取れたのに。ちなみに直置きかぎキャッチャーは持ち上げることはなく、つかんでも滑り落ちるので徐々に移動させるしかない。

もう一つ取れた景品はご当地ベアのボールチェーン。筐体はおそらくよくあるハッピーベルかドリームキャッチャー。ラウンドワンなどによくある円柱形の筐体。空港のベアで、我はご当地ベアを遠征のついでに全国集めているのですぐにわかったのでなんとか入手した。ボールチェーンは初入手。今後ご当地ベアはチェリーランドさがえがリニューアルしたのでほぼ確実に夏休みには山形に行く。今年山形にはもう2回行っているが今年中にあと1,2回はまた行くと思われる。東北のゲームセンターに詳しい我。

しかし唯一もっかいちゃんねるでも紹介されていたあのスライム台はついに攻略法を見出したので今度スライムベスを入手しに行く。すでに2匹入手しているが8000円以上トータルでかかっているので今度は安くほしい。

あのキラキラスライムベスは直近だとあみぱらんど福山(広島)で入手したようなしていないような。ベスキングだったかもしれないが。

なお奥にはキッズメダルコーナーや昔のレトロレーシングカーのようなものがあり、これに関しては品ぞろえはなかなか。ただこの周辺でレトロでかつ取れやすい店舗に行くなら徳島のアミコの屋上遊園地の方が良い。


帰りにとある店にスライムのステンレスボトルが乱獲できる店に再度行ったが、前回乱獲できた(ボトルを倒すだけで一発で取れた)ときに比べ

①アームパワーが弱くなったような気がする(気のせいの可能性あり)

②奥に置かれて倒れても落ちなくなった

③1日1種類1個ずつの個数制限が付与されて乱獲できなくなった

の3段構えでまったく取れなくなっていた。しかしすでに19個獲得したので十分。ちなみにこれは転売するわけではなく超景品帝国の乱獲タワーの支柱として世界を盛り上げている(意味不明)。

おかげでステンレスボトルはGIGOスエヒロボウル徳島の1個、ラウワン千日前の2個、タイトー衣山(愛媛)の1個と合わせて合計23個。ビッグクリアフィギュアやアヒルソフビ超BIGに次ぐ獲得数となった。

在庫も枯渇して対策されてしまったが、そのほかの台でそれなりに散財しているので、これくらいは許してほしいところ。ただまだ取れる台もあり面白いところなので定期的に行かせてもらう。アヒルソフビ超BIGがたくさん取れたのも本当にこの店舗のおかげである。特に乱獲しまくっているわけではないが通算100個近くとっているかもしれない。取れる台と取れない台の落差が激しすぎるのとぬいぐるみの設定金額はかなり高く確率無視はまず不可能なことは少々気になるが…。


ちなみにスライムのボトルは初期位置が斜め置きで、後ろからアームを入れれば閉まる力で縦長なので倒れて落とし口まですべって落ちるので100円で非常に獲りやすいというもの。直近で愛媛のMGキスケのラバシャ設定で斜めになった景品をアームで後ろから前に絞り出す、という正攻法が多かったため、それが頭に残っていたのではじめにそれを思いついた。

正直アピナ系列とMGの新景品によくみられるラバシャ設定は嫌いだが、その経験がついに生きたわけである。なおもう使えなくなったのでその台をすることはおそらくないであろう。

なお近くにあるラウンドワンも案外このステンレスボトルについてはやさしい設定で、どこの店でも予想より安く取れるのは偶然か…。やはり長い景品は取りやすい。

ちなみにゲームランドBallyはマリーナシティにあり、海南駅が最寄り駅であるが海南市ではなく和歌山市である。黒潮温泉や黒潮市場、フルーツ王国?やポルトヨーロッパもあり料理もうまく果物も買えてなかなか面白い。



追記:コナステでメダルが50万枚あったが、アニマロッタをやっていると数時間で消失。晴れて数時間で140万円分のメダルを失った我は、ついにアニマロッタと決別することにした(心に穴があいた)。コナステリセマラは続けるが、アニマロッタはもうやらない。

この50万枚を返してもらうべく、さらに安定して効率の良いプログラムを作成し翌日あたりより施行した。50万枚を取り返すのには理論上10日は必要なので、そこまでかからない。がやはりゆるせん、50万枚140万円かえして

リセマラに関してはプログラムをいろいろ変えるなどして試行錯誤中。クレーンもこれのおかげでかなり資金が集まるので素晴らしいと思っている。自動化こそ至高であり正義。自動化すればその分は学業にあてるかもしくは身体精神の保養、他にも様々なアイデアや面白いものを練り上げることができるからである。ドラクエ10をやっていた時代もよくBOTを使用しており、カジノやモンスター狩りを楽にしていた。あの頃はBOTを業者から購入していたが、今となってはコナステのリセマラより100倍くらい簡単に一瞬で作れるのでもったいない感があるが。結局人生は有限なので、時間の浪費=寿命の浪費と考えているので、自動化に関してはまったくの躊躇や抵抗感はない。さすがに医療面接や創造活動が自動化されるのはどうかとは思うが…。


2024年4月5日金曜日

四国遠征2回目

 今週はまだ休みで、かつ例のRMTにより2万くらいは普通にあるので日帰り徳島おでかけを決行。行きフェリー、帰りバス。

行った店舗は以下。

GIGOスエヒロボウル徳島

ハピピランド徳島(ヴィレヴァン)

アミコ

パレパレ田宮

ラウンドワン徳島

それぞれの印象を前回(前週)と比較しながら述べる。

①GIGOスエヒロボウル

まず前回タイトー衣山でスライムベスステンレスグラスを入手したがその後の店舗で取り扱いがなく、MGキスケはどうみても取れない設定だったのでここで取ることに。事前にユウヤ師の動画を見て極悪っぽいGIGOではなさそうだということは確認していたので。

スライムのボトルは剣山設定であったが、家から最も近場のGIGOに比べて明らかにパワーがあり、景品が転がるくらい。そのため途中で詰んだような形にはならず、1000円程度で順調に手前に持っていけて普通に入手。倉庫系でこれならまあ標準、というところだがGIGOでこの設定は正直異常。3000~4000円はかかっておそらくサポート前提での入手と踏んでいたからである。他の3本爪を見るとビッグクリアフィギュアがあったが初手で上昇後待機中にアームパワーが弱くなるがゼロにはならない設定。これはかつてナムコ敦賀でよく見たもので、実はバランスよくキャッチするとパワーが抜けてもぎりぎり落とし口まで持ってこれるのである。これのおかげで1000円で3種類のビッグクリアフィギュアコンプ。GIGOならどう考えてもこれを入手するのに確率待ちで12000円かかるはずであるが、この店舗はおそらく在庫処分だからか非常に取れやすい設定となっていた。少なくとも我が行ったGIGOの中では4000円の確率到達が前提である中、明らかに取れやすい店舗だと感じた。ユウヤ師が行くのも納得できる。最近GIGOで4000円分プレイで確率到達で入手したものと言えば1年くらい前のGIGO八戸(青森)のカービィ。

②ハピピランド徳島

ここでカービィのコンテナをとろうと考えていたがその台はチョコレート1kgになっていた。同じフック設定だったが取れず、2000円くらい他の台と合わせて使うも何も取れず。というより残念ながら我好みの景品がなかった(カービィ系はあるが遠征中はぬいぐるみは厳しく、お菓子系は重く体積を食うし太るのでほしいものの取りづらい)のでいい印象ではなかった。おそらく2日前にもっかいちゃんねるが来てカービィのコンテナは取りやすかったので乱獲されたのだろう。…と思ったがユウヤ師の動画を見ると4月2日のイベント時点で1kgチョコレートになっていたので、おそらく個数が少なくなって撤去された可能性。なおコンテナは据え置きで地元の店が獲りやすい模様。このブログを見ている人などいないと思うが、クレーンやメダルゲームにコアな、思考も常識離れした上級者がおそらくたどり着きやすい場所なので我のおすすめ店舗に往復数万かけて行ってみる、などという人も往々にして我同様考えられるので今は名前を伏せておくが、一応ヒントだけ与えておくと、タイトーF御坊やタイトーF浜北と同系列。

ちなみになぜかこの店舗、筐体の音量が爆音で結構うるさいので注意。これまで訪れた中で筐体の音がかなり大きかった店舗は紀の川ボウルだが、それと同じくらい音量が大きい。

ただ店舗が悪いというわけではなくおそらく橋渡しなどもちゃんと取れると思われる(実際ユウヤ師の動画を見ていると明らかに易しい設定…だが我好みの景品がないのでいくら簡単でもやる気は起きない)。

③アミコ

徳島の屋上遊園地。ついにスマートボールで2ラインそろえることに成功しハイチュウ入手。なおそのスマートボールは立地の関係上常時強風が吹くので冬場注意。他のクレーンもちゃんと取れる設定で、カービィのminiぬいぐるみもうまくキャッチできれば(というか本来3本爪はそうあるべきなのだが)持ち運ぶが、かなりバランスよくとらないとだめという絶妙な設定。景品はやはりひと昔前あるいはあまり知らないものになるが、他の屋上遊園地よりは取りやすいし、係員もなぜかサポートしてくれた。ちなみにこの筐体はだぶるあっぷ氏がよくショートで使用している筐体と同じである。他の客(主に学生)も我がプレイしているのをみてカービィに挑んでいたが獲れていない。そこまで簡単ではないし我でもなかなか取れないときもある。ただ子供でも取れる設定のものもあった。屋上遊園地はまだ石川の香林坊大和だけは行っていないがそれ以外(名古屋、高槻、松山、徳島、長崎)は行っているがここが一番楽しいし設定も良い。

もうこれ徳島行ったらここ必須やわ。いろいろと面白い。

④パレパレ田宮

フルーツポーチをとった台は別の小さな景品に置き換えられていた。ほとんどプレイしていないがなぜかカービィのコンテナがこっちの方で1手で取れた。ちゃんとリングと同じ高さで下降停止するのはフック設定では非常に良心的である(どこぞの下降しまくるラウンドワンやGIGOも見習ってほしい)。ただ処分台設定の可能性がある。

⑤ラウンドワン徳島

先週の半回転上昇時パワー抜き設定は据え置き。やはり手前を狙うと半回転で手前に景品が来てその場で落とすが落とし口が近くなるので獲得できる、おそらく店側が意図しているであろうプレイヤーを楽しませる設定は良いと思う。ただ他の10円キャッチャーはそうでもないかもしれない。ネックレスだからこそひっかかりがあって持ち上げが期待できるので。ネックレスはこの徳島と、青森、盛岡、特に郡山で大量に入手している。


今回はあまりクレーンには使っておらず、約5店舗回ったが10000円少々程度。先週は50000円以上クレーンに使ったので控えめ。一応理論上RMTによりクレーンは毎日10000円分くらいはプレイできるが、そろそろ新学期も始まるので貯金が始まる。

ほんとは4月2日のもっかいちゃんねるが来るので徳島に行くのが良かったがとりあえずコアラのマーチ大量設定にじゃんけんで参加するほど我は積極的でもないし、そもそも当たるはずもないので参加しない。そもそも4月2日は行けない用事があったのでどうあがいても行けなかった(3月27日と4月4日に徳島に遠征したが)実は縁日堂の社長は宮崎の縁日堂で、よねやんはお宝発見北神戸で見かけたことはあるが、もっかいちゃんねるの各メンバーおよびユウヤ師は見たことがない。

4月4日はもっかいちゃんねるが我にとって近めの和歌山のピタゴラスに来ていたらしいが、その日は我は和歌山は確かに通ったがフェリーで徳島に抜けて帰り淡路島経由で帰ってきたので、南海電鉄和歌山大学前から紀の川周辺で距離はかなり縮まったのだがスルーしてしまった。


徳島は独特の料理(半田そうめん、そば米雑炊、阿波尾鶏など)がうまくしかも運賃も往復10000円かからない程度なので日帰りに行くにはちょうど良い場所なので、もしかすると空いている土曜日に近日中に再び行く可能性。クレーンで10000円使っても運賃合わせて20000円程度で済むので、毎週プチおでかけするにはちょうどいい場所。

四国で一番取れる店舗は回遊館西条の可能性があるが、あそこは残念ながら運賃がかかり日帰りは難しい。まだ行ったことのない回遊館洲本は淡路島と近い割にバスが少なくアクセスも悪い。鳥取はアクセスはいいものの距離があるうえ、出雲は日帰りでは理論上おそらく不可能。やはり長浜が安定。